スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怀念我无处安放的思恋

,就连那风声也像穿透喉管的利剑般滑进身体。狰狞的双眼只是想看透路地裏 僕と君へ夢死中醒来的我以为超然于一切,却依然愚昧的堕落于所罗门王的第四日。背徳の人所指的就是我吧?
隣の犬、 今日もヒステリー”在这条ココロノナイマチ上居住着的悲观主义者念叨。何も見えなくなっていた,何も感じなくなっていた。愛も夢も何もかも光を見えないから。就像那溺れる鱼溺死在朽木の塔中的1R里。
ホリゾント下的こもれび,我把你放在了心的位置。天気予報どうりの雨,君は傘を持って出かけたかな?透过小さいな窓,你的伞斜放在我的门前。雨のオーケストラ奏响,冲洗不了的罪恶,回不去的誰も居ない家
即使失声痛哭,依然茫然自失。我写下这首遗书,唱响双心の声,只是想和你回到逝去的春天中。但是ドアを開けてもあの景色には二度と出会えない悲観主義者が笑う充满绝望この線と空划分了優しい記憶,如同白日
我是你25時の憂鬱,在辉く世界敲响嘆きの鐘,带着ガーベラ摇曳在月光之倾。所以也请你回头看看我。


君の声遥か遠く,私の事忘れたかな?

行く春の中で君を待つ。。。

 

这是我对ムック的爱,也是我对你的等待。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。